岩手のニュース

旬のイチゴふんだんに 滝沢でスイーツフェア

旬のイチゴなどを使ったお菓子が並んだフェア

 岩手の人気スイーツを集めた「いわてS−1スイーツフェア」(実行委員会主催)が22日、岩手県滝沢市の交流施設「ビッグルーフ滝沢」で始まった。県産食材を取り入れたケーキや和菓子が並び、大勢の来場者でにぎわった。23日まで。
 県内の洋菓子店など41団体が出展した。八幡平サラダファーム(八幡平市)は旬のイチゴを使った新商品をPR。西和賀町の工藤菓子店には開場と同時に行列ができ、「本返しわらび餅」(570円)は2時間足らずで売り切れた。
 母親と訪れた滝沢市の服部悠斗君(6)は「クレープを食べた。大好きなレモンとチーズの味がしておいしかった」と話した。
 23日は午前10時〜午後3時。入場無料。


関連ページ: 岩手 経済

2020年02月23日日曜日


先頭に戻る