宮城のニュース

スマトラトラ「アオ」、グラントシマウマ「モモ」と命名 仙台・八木山動物公園

獣舎で休むアオ
母アンズ(左)を追い掛けるモモ

 仙台市八木山動物公園(太白区)は23日、昨年10月に生まれた雄のスマトラトラを「アオ」、同12月に誕生した雌のグラントシマウマを「モモ」と名付けたと発表した。園内で同日、命名式があり、関係者が今後の成長を願った。
 愛称は今年1〜2月に公募。ハワイ語で日光や夜明けを意味するアオは、全807通のうち34人が発案した。モモは母アンズにちなんで名付ける人が多く、619通中17人が選んだ。
 式には名付け親のうち6人が抽選で招待された。アオの命名者の市袋原小6年佐々木紘(こう)君(12)は「人気が出ると思う。太陽みたいに明るく、元気に育ってほしい」と願った。
 園によると、アオとモモはいずれも順調に成育。天候や体調に応じて公開時間は変わるが、ほぼ毎日見られる。連絡先は同園022(229)0631。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月24日月曜日


先頭に戻る