宮城のニュース

村井嘉浩宮城県知事 定例記者会見 2/25

記者の質問に答える村井知事

 25日の村井嘉浩宮城県知事定例記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 新型コロナウイルスによる肺炎患者が県内で発生した場合に備えた対策は進んでいるか。
 A 仙台市宮城野区の県医師会健康センターでウイルス検査ができるようにするほか、入院可能な医療機関を3病院追加する予定だ。感染者が出た場合の公表基準も調整している。

 Q 宿泊税の課税対象から修学旅行や部活動などを外すと表明した。方針転換は県議会会派の自民党・県民会議の意向を踏まえたのか。
 A そうではない。宿泊事業者や県民の声を踏まえ、定例会の代表質問前日の夜に決断した。教育的な側面から、広く免税にするべきだとの結論に至った。

 Q 青葉区の県美術館と東京エレクトロンホール宮城(県民会館)の新施設を宮城野区へ移転、集約する最終案が示された。
 A 拙速と言われることのないように検討したい。美術館の現在の建物については、移転が決まっていない現状では何も言えない。


2020年02月25日火曜日


先頭に戻る