宮城のニュース

龍笛の音色 茶室に響く 仙台・良覚院丁庭園でひな飾りや着物展示

ひな飾りが展示されている茶室で龍笛を演奏する山下さん

 桃の節句を一足早く祝う「小さなおひなさま会」が22、23の両日、仙台市青葉区の良覚院丁庭園にある茶室「緑水庵」であった。市民グループ「良覚院丁庭園を守る会」が主催した。
 会員が自宅に保管しているひな飾りや着物を持ち寄り、手作りの紙灯籠と共に茶室を彩った。大崎市の龍笛奏者山下進さん(46)による「青葉の笛」や「荒城の月」などの演奏もあり、訪れた市民らは室内の雰囲気を楽しみながら聴き入った。
 会は約20年前に結成された。庭園に親しんでもらおうとイベントを開いたり、清掃したりする活動を続けている。
 年1回は庭園に来るという青葉区の無職永井丈夫さん(77)は「出会った人と、この場所やひな飾りの話を楽しめた。街の真ん中に庭園が残り、利用できるのはありがたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年02月25日火曜日


先頭に戻る