広域のニュース

なだ万が宮城産直フェア 全国20店舗でコース料理提供、来月1日から31日まで

「へそ大根」や「みやぎサーモン」など、宮城県内の特産品や郷土料理を楽しめる

 老舗料亭「なだ万」(東京)は3月1日から宮城県フェアを開催し、県産食材と郷土料理を取り入れた特別コース(1万円)を全国20店舗で提供する。3月31日まで。
 県産養殖ギンザケ「みやぎサーモン」や「仙台曲がりネギ」などを使用。台風19号で被災した丸森町の特産品「へそ大根」は前菜に取り入れた。
 料理を監修した大嶋高幸総料理長は、東日本大震災直後から気仙沼市でボランティア活動を続けてきた。大嶋総料理長は「宮城県への思い入れは強い。他では味わえない食材を楽しんでほしい」と呼び掛ける。


関連ページ: 広域 経済

2020年02月25日火曜日


先頭に戻る