広域のニュース

東北の有力選手、次のステージへ

日大に進学する奈良岡
積水化学へ入社する木村
ワコールへ入社する清水(左)

 今春卒業する東北の高校、大学の選手の次のステージが決まった。それぞれプロや実業団、大学で新たな競技生活のスタートを切る。主な選手の進路を紹介する。

◎青森・浪岡高の奈良岡は日大

 バドミントンの奈良岡功大(青森・浪岡高)は、トレーニング環境の充実した日大に進む。「世界で勝つための体作りができるところに魅力を感じた」。スポーツ科学部のアスリートコースで、競技力向上に関する実践理論を追求する。
 全国中学大会3連覇などの偉業を成し遂げた逸材も、インターハイではなかなか勝てなかった。1、2年時は脚を痛めて栄冠を逃し、体力を付けて臨んだ最後の夏にようやくシングルス優勝を成し遂げた。「体を強くして勝てた昨夏のインターハイが一番心に残っている」と話す。
 世界ランキングは現在43位。30位台に上げることを今年の目標に掲げ、「国際大会でポイントをしっかり積み上げる。簡単に負けないことが大切」と力強い。最終目標の五輪での金メダル獲得を目指し、一歩一歩着実に前進していく。

◎仙台育英高の木村は積水化学、清水はワコール

 昨年12月の全国高校駅伝で男女同時優勝した仙台育英のうち、地元仙台市出身の木村梨七は積水化学、清水萌はワコールへ進む。
 木村は昨年3月、アジアユース選手権3000メートルで優勝。同8月のインターハイ(全国高校総体)3000メートルも日本人トップの4位に入った。都大路では5区を走った2017年と昨年の両大会で優勝のゴールテープを切った。
 積水化学には、宮城県代表として都道府県駅伝を一緒に走った佐藤早也伽(宮城・常盤木学園高−東洋大出)がいる。木村は佐藤の印象を「黙々と練習し、オンオフの切り替えも出来ている方」と語り、1年目の目標には「5000メートル15分40」を挙げた。
 清水は2年連続で都大路を走り、昨年大会は3区区間賞で優勝に大きく貢献した。「本気で陸上をやめようと思ったことが多々あったが、(女子監督の)釜石先生についていくという気持ちで頑張った。後輩には一日一日を大切に高校生活、陸上競技人生を楽しんでもらいたい」
 日本女子陸上界を代表する福士加代子(青森・五所川原工高出)もワコール所属。清水は「福士さんの笑顔で周りを明るくさせるところに憧れる。将来はマラソンで感動を与えられる選手になりたい」と語った。


2020年02月26日水曜日


先頭に戻る