宮城のニュース

仙台の音楽機器ベンチャーJDSoundが破産へ 開発投資先行、内部混乱も

世界中の音楽ファンの支持を集めた「GODJ」(手前)などの小型DJ機器=2016年

 音楽機器ベンチャーのJDSound(ジェイディーサウンド、仙台市)は26日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。帝国データバンク仙台支店によると、負債額は2018年12月末時点で約1億1900万円。
 仙台支店によると、同社は別の機器会社の仙台事業所が独立する形で12年に設立した。音楽再生機器の設計・開発を手掛け、持ち運び可能な小型DJ機器「GODJ(ゴーディージェー)」などの自社商品を販売。高い技術力が注目され、18年12月期の売上高は約1億3300万円に上った。
 16年の「新しい東北 復興ビジネスコンテスト」で大賞を受賞。17年には経済産業省の「地域未来牽引(けんいん)企業」に選ばれた。19年にはクラウドファンディングで約9500万円を調達して携帯型デジタルスピーカー「OVO(オヴォ)」を発売。海外展開にも着手していた。
 一方で、設立当初から開発投資が先行し、生産量の少ないスポット受注が中心で債務超過に陥っていた。19年9月、韓国出身の役員に創業者が解任される内部の混乱があり、大半の従業員が退社。今年1月15日付で事務所を閉鎖した。


関連ページ: 宮城 経済

2020年02月27日木曜日


先頭に戻る