宮城のニュース

「にこにこベリー」都内で試食会 宮城産イチゴ食べ比べ

にこにこベリーなど3種類のイチゴを食べ比べる参加者=26日、東京・芝公園の東京プリンスホテル

 本格デビューした宮城県産イチゴの新品種「にこにこベリー」の試食会が26日、東京・芝公園の東京プリンスホテルであった。スイーツに適した品種といい、県と全農県本部が首都圏の洋菓子店のパティシエら約30人に魅力を売り込んだ。
 参加者は「にこにこベリー」「もういっこ」「とちおとめ」の3品種を食べ比べたり、ケーキやタルトを味わったりした。県の担当者は「甘味と酸味のバランスが良く、スイーツに合う」と呼び掛けた。
 ケーキやジェラートを扱う「メゾンジブレー」(神奈川県)のオーナーシェフ江森宏之さん(45)は「味、見た目からショートケーキに使える。これから香りや酸味の特徴が加わるとより良くなる」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2020年02月27日木曜日


先頭に戻る