広域のニュース

国公立大2次前期日程終了

 国公立大2次試験の前期日程は26日、2日目の試験が行われ、全日程を終了した。新型コロナウイルスの拡大を受け、受験生や各大学は感染防止に配慮しながらの受験となったが、大きなトラブルはなかった。東北では東北大など国立大7校と、公立の岩手県立大、宮城大など4校で筆記や実技などの試験を実施した。
 仙台市青葉区の東北大では全学部で数学の試験があり、計3960人が臨んだ。欠席率は9.3%で、前年を0.6ポイント上回った。
 東北の国立大7校、公立大6校は3月12日に後期日程の試験を行う。宮城大看護学群は翌13日も試験がある。青森公立大の後期日程はセンター試験の成績と調査書で合格者を決める。秋田公立美術大の中期日程は同8日に実施される。
(東北大前期日程の問題と解答例を河北新報オンラインニュースに掲載します)


関連ページ: 広域 社会

2020年02月27日木曜日


先頭に戻る