宮城のニュース

宮城・南三陸町、復興推進課廃止へ 業務完了にめど

 宮城県南三陸町は27日、東日本大震災からの復興事業の中核を担ってきた復興推進課を、2020年度に廃止する方針を明らかにした。3月3日開会の町議会定例会に条例改正案を提出する。
 復興推進課は、津波で被災した志津川地区の土地区画整理事業や震災復興祈念公園の整備事業を手掛けた。町は業務完了の見通しがついたことや組織の合理化を理由に廃止を決めた。
 復興推進課は区画整理係と事業推進係があり、11人で業務に当たっていた。現場対応や精算業務が残る事業は、20年度から建設課に新設する市街地整備係の職員が担う。


2020年02月28日金曜日


先頭に戻る