宮城のニュース

秋葉首相補佐官、催し自粛要請当日に資金パーティー 「小野寺元防衛相も…」

 自民党の秋葉賢也首相補佐官(衆院宮城2区)が26日夜、仙台市内で政治資金パーティーを開いていたことが27日、分かった。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を抑えるため、安倍晋三首相が大規模イベントの自粛を要請したばかりだった。
 パーティーは自書の出版記念で、26日午後6時から約1時間開いた。秋葉氏本人が出席し、支援者約200人が参加。ウイルス感染予防の観点から、会場ではアルコール消毒を求めた。
 事務所によると、首相の自粛呼び掛けが開始直前で中止するのが難しかったため、時間を短縮しての開催を決めたという。
 秋葉氏は取材に「東北で感染者が出ていない上、(ウイルスを高精度で検出する)PCR検査を受けている県民の少なさを考慮し、最終判断した。県内で感染者が確認されたら、当然延期していた」と話した。
 また、首相官邸で記者団に対し、自民党の小野寺五典元防衛相(衆院宮城6区)も26日に東京都内でパーティーを開いていたと指摘。「今日もパーティーをやっている議員がいる。補佐官という肩書だからといって、私にだけ着目するのはどうか」と反発した。


2020年02月28日金曜日


先頭に戻る