宮城のニュース

経産相、宮城知事に地元同意を要請 女川2号機再稼働巡り

 原子力規制委員会が新規制基準への適合を認めた東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、同県石巻市)の再稼働を巡り、村井嘉浩宮城県知事は27日、梶山弘志経済産業相から可否を問う「地元同意」を要請されたことを明らかにした。
 村井知事は同日午前、梶山経産相から電話連絡を受けた。安全性を議論した規制委の審査過程や、安定したエネルギー供給の必要性を理由に、再稼働への理解を求められた。
 地元同意は、国が立地自治体の考えを確認する重要な手続き。資源エネルギー庁長官らが近く、県庁を訪れ、要請内容を説明する。村井知事は「長官から改めて内容を聞きたい」との談話を出した。
 規制委は26日、女川2号機再稼働の前提となる審査で正式合格を出した。村井知事は同日の取材に「(再稼働の可否は)現時点で白紙だ」と述べ、県議会や市町村長らの意見を集約して判断する考えを示した。
 東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえた新基準に合格した原発は東北で初めて。東日本大震災で被災した原発では、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)に続いて2基目となる。


2020年02月28日金曜日


先頭に戻る