青森のニュース

新型肺炎に効くワクチン増強剤、青森大が開発へ 副作用抑え免疫向上

 青森大の新薬開発拠点「青森ねぶた健康研究所(ねぶた研究所)」は28日、国立感染症研究所と共同で、新型コロナウイルスに効くワクチンの研究開発に乗り出すと発表した。感染研がワクチンの抗原、ねぶた研究所が効力を高める免疫増強剤をそれぞれ開発する。2021年度までの完成を目指す。
 ワクチンはタンパク質から合成する抗原と、増強剤を混ぜ合わせて作る。ねぶた研究所は腹痛や下痢などの副作用を最小限に抑えた増強剤を目指している。約10人の研究チームが開発を担う。
 がんの免疫増強剤開発で実績のあるねぶた研究所所長の瀬谷司教授(免疫学)に、感染研から依頼があった。同日、記者会見した瀬谷教授は「コロナウイルスはワクチンがなく予防できないのが現状。がん免疫の研究の経験を基に、免疫力の高い増強剤を作りたい」と話した。
 ねぶた研究所によると、同様のワクチン研究は東京大医科学研究所が進めている。米国や韓国などでも着手している。


関連ページ: 青森 社会 新型肺炎

2020年02月29日土曜日


先頭に戻る