秋田のニュース

新型肺炎治療薬に期待 白神山地の土壌から微生物酵素、心不全や高血圧に改善効果 秋田大グループ特定

記者会見でB38CAPの有効性を説明する久場教授(左から2人目)

 秋田大大学院医学系研究科の久場敬司教授(生化学)らの研究グループが、白神山地の秋田側の土壌から分離した微生物が作り出す酵素「B38CAP」が心不全や高血圧の症状を改善する効果があることを突き止めたと発表した。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の重症化を抑える治療薬に応用できる可能性があるとしている。
 ヒトの体内にあるアンジオテンシン変換酵素2(ヒトACE2)には、血中のペプチドホルモン「アンジオテンシンII」を分解して心不全や高血圧の症状を改善させる働きがある。
 ACE2は重症急性呼吸器症候群を引き起こすSARSコロナウイルスの受容体で、ウイルスと結合することで感染する。感染すればACE2は減り、アンジオテンシンIIが増えて肺炎の重症化が早まる。重症化を防ぐため、ACE2組み換えタンパクを投与してアンジオテンシンIIを分解している。
 B38CAPとACE2は、遺伝子のアミノ酸配列は異なるが立体構造は一致する。マウスによるB38CAPの実験で、ACE2同様にアンジオテンシンIIを分解して高血圧などを改善する効果があることを確認。ACE2と比べ、より短期間で多く生産できることも分かった。
 新型コロナウイルスもACE2が受容体であることが報告されている。研究グループはB38CAPの有効性に着目し、新型ウイルスによる肺炎の重症化を防ぐ効果があるかどうかを検証していく。
 久場教授は「B38CAPは新型コロナウイルスの重症化対策として検証すべき候補の一つになる」と話す。研究成果は26日に国際科学雑誌「ネイチャーコミュニケーションズ」電子版に掲載された。


関連ページ: 秋田 社会 新型肺炎

2020年02月29日土曜日


先頭に戻る