広域のニュース

文科相「今が極めて重要な時期」 新型肺炎感染拡大で一斉休校要請

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の一斉休校要請について、萩生田光一文部科学相は28日の閣議後記者会見で「今がまさに感染の流行を早期に終息させるために極めて重要な時期」と意義を強調した。
 文科省は同日、各都道府県教委などに対し、3月2日から春休みに入るまで休校を要請する通知を出した。期間や時期に関し、萩生田氏は「地域や学校の実情を踏まえ、さまざまな工夫があっていい」と述べ、各地の教委などが柔軟に判断するよう求めた。
 感染者が確認されていない地域も含め、全国一律の対応となった理由は「当初は患者がいない地域では(休校措置は)必要ないと考えていたが、今は感染者が出ていない場所でも、明日出るということも決して否定できないと考えが変わった」と説明した。
 共働きの保護者や一人親世帯では、仕事への影響や子どもだけで過ごすことに不安が広がる。萩生田氏は「本来ならそれらの課題に答えを用意した上で要請する方が混乱は避けられたが、一日も早く学校を閉め、子どもを守ることを優先した。しっかり不安を取り除く対応を大至急、準備している」と理解を求めた。


関連ページ: 広域 社会 新型肺炎

2020年02月29日土曜日


先頭に戻る