宮城のニュース

新型肺炎、仙台で初確認 市と宮城県が警戒体制を強化

仙台で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、宮城県庁で開かれた対策本部会議=29日午前11時10分ごろ

 仙台市内で東北初となる新型コロナウイルスの感染が確認され、仙台市と宮城県は29日、それぞれ対策本部会議などを開催し、対応を協議した。村井嘉浩知事は「既に市中感染している可能性も否定できない」と危機感を募らせ、郡和子市長は「一人一人が基本的な感染症対策を徹底することが重要だ」と呼び掛けた。
 仙台市は午前10時半から危機管理連絡本部会議を開催。市内の感染確認に伴い、危機管理レベルを1から2に引き上げ、危機管理監がトップの危機警戒本部体制に移行させた。県と市が共同設置した電話相談窓口(コールセンター)は相談員の人数を増やした。
 市主催イベントの延期や中止の判断基準などを定めたガイドラインは、適用期間を3月31日まで延長。市有施設の利用予約を取り消した場合の使用料の全額返金も期間を拡大する。
 郡市長は本部会議に先立つ緊急記者会見で「不安を感じる市民もいると思う。感染拡大を防ぐには、一人一人の心掛けや行動が大切になってくる」と強調。手洗い、せきエチケットなどの徹底を市民に要請した。
 市立小中高校は3月2日から臨時休校する。「大人の方も風邪の症状が出たら会社を休み、不要不急の外出は避け、感染リスクを減らす行動を取るようにお願いしたい」とも語った。
 県は午前11時から対策本部会議を開き、情報収集を急ぐことを申し合わせた。当初3月11日までだった県主催イベントの縮小期間は31日までの延長を決めた。
 村井知事は(1)市中感染を見据えた疫学調査の実施(2)関係機関への情報提供(3)想定される対策や新たな影響に関する情報収集(4)職場での感染拡大防止と時差出勤、テレワークなどの柔軟な働き方の奨励(5)県主催行事の縮小や自粛などの検討−を幹部職員に指示した。
 「県内最初の罹患(りかん)者で、重く受け止める。健康被害を抑える上では、この1、2週間が極めて重要な時期だ。自分の身を守る意識を大事に対策を講じてほしい。県も最大限努力する」と緊迫した表情で語った。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月01日日曜日


先頭に戻る