宮城のニュース

新型肺炎感染拡大 図書館、体育館…利用休止、休館相次ぐ 宮城

 新型コロナウイルスの感染拡大と仙台市での感染者の確認を受け、宮城県内では公共施設の利用休止や休館が相次いで決まった。
 宮城県図書館は3〜15日、全ての階の閲覧スペースなどの利用を休止する。図書資料の閲覧はできなくなり、催事も行わない。資料の貸し出しと返却は実施する。
 仙台市は2〜15日、市体育館、市若林体育館、市青葉体育館など11のスポーツ施設内にあるトレーニング室の利用を休止する。
 宮城県名取市は1日、市内の公共施設について原則、2日から31日まで臨時休館すると発表した。休館するのは市民活動支援センターや子育て支援拠点「cocoI’ll(ここいる)」、市図書館、各公民館など。利用申し込みや相談などを受け付ける窓口業務は通常通り実施する。
 宮城県岩沼市は市内の公共施設33カ所の臨時休館を決めた。グリーンピア岩沼や千年希望の丘交流センター、市民図書館など26施設は15日まで、子育て支援センターや各児童館など7施設は31日まで休館する。
 宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園は1日、園内の屋内施設「ちびっこドーム」と「ふるさと村の古民家」を休館すると発表した。再開時期は未定。園内は開放するが、3月開催予定のイベントは全て中止する。
 宮城県七ケ浜町は2〜31日、七ケ浜国際村をはじめ町の文化、スポーツ関連など公共施設10カ所を休館する。小中学校の臨時休校は1日早め、4日からとした。変更に伴い、児童館の開館時間を延長し、4〜24日(日曜祝日を除く)は午前8時〜午後6時半とする。
 宮城県大和町は、まほろばホール、総合運動公園、ダイナヒルズ運動公園、宮床歴史の村(宮床宝蔵、旧宮床伊達家住宅、原阿佐緒記念館)など主な公共施設を休館している。期間は当面の間。観光案内所「吉岡宿本陣案内所」や農産物直売所「花野果(はなやか)ひろば七ツ森」などは利用できる。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月02日月曜日


先頭に戻る