宮城のニュース

津波避難の教訓刻む 女川町に「いのちの石碑」18基目完成

完成した18基目の石碑

 東日本大震災の教訓を後世に伝えようと、宮城県女川町女川中の卒業生らが建立を続けている「女川いのちの石碑」の18基目が同町大石原浜地区に完成し、現地で1日、披露式があった。

 卒業生有志でつくる「女川1000年後のいのちを守る会」のメンバーと地元住民らが参加。震災当時、同地区では住民が高台に避難し、犠牲者が出なかったことなどが説明された。
 石森昌義行政区長(80)は「壊滅的な被害を受けたが、徐々に生活が落ち着いてきた。石碑を見て、津波避難の教訓を心に刻み生活したい」と話した。
 これまで建立した石碑のうち15基が「自然災害伝承碑」として国土地理院のウェブ地図に同日から掲載されたことも報告された。守る会の阿部由季会長(21)は「地図を通して多くの人が石碑を知ってくれたらうれしい」と期待した。
 いのちの石碑は2011年4月に女川中に入学した生徒たちが発案した。13年11月の1、2基目を皮切りに町内の各津波到達地点より高い場所に建立。最後となる21基目は今夏新設される女川小・中学校敷地内に建てられ、11月22日に披露式がある。


2020年03月02日月曜日


先頭に戻る