青森のニュース

貨物船と漁船衝突 青森・六ヶ所沖 外国籍13人不明

第8富丸を調べる八戸海保の職員。船首部分などが損傷している=八戸市の八戸港

 2月29日午後10時15分ごろ、青森県六ケ所村の泊漁港の東約12キロの海上で、ベリーズ船籍の貨物船「GUO XING 1(グオ・シン・ワン)」(1989トン、14人乗り組み)から「漁船と衝突し、浸水している」と通報があった。八戸海上保安部などによると、貨物船は約20分後に沈没し、乗組員のうち救助されたベトナム人男性(33)を除く外国籍の13人が行方不明となった。(21面に関連記事)
 第2管区海上保安本部によると、北上する貨物船と右方向から走行してきた八戸市の沖合底引き網漁船「第8富丸」(138トン、15人乗り組み)が衝突した。
 行方不明者は20〜50代の男性で、中国人7人、ベトナム人5人、フィリピン人1人。貨物船は鉄くず3150トンを積んで八戸を出発、津軽海峡経由で韓国の釜山へ向かう途中だった。
 救助された1人は海に投げ出されたが救命胴衣を着けていたため浮上し、近くの別の漁船に助けられた。付近では浮輪や無人の救命いかだ2隻が回収された。
 第8富丸の日本人漁労長男性(73)も頭を打ち軽傷。運輸安全委員会は事故原因を調べるため、船舶事故調査官2人を担当に指名した。
 2管本部は巡視船艇5隻と応援を含むヘリ4機、ジェット機1機などで捜索。海上自衛隊に災害派遣を要請し、ヘリが出動した。
 2管本部によると、事故直後の1日午前0時は曇りで北東の風9〜13メートル、波は高さ2メートルで南東からのうねりもあった。


関連ページ: 青森 社会

2020年03月02日月曜日


先頭に戻る