宮城のニュース

新型肺炎で県スポーツ施設一部休止 石ノ森萬画館も休館

多賀城市立図書館は2日から休館。知らずに訪れた市民もいた=2日正午ごろ

 新型コロナウイルスの感染拡大と仙台市での感染者確認を受け、宮城県内では公共施設の休館などが相次いだ。

 県教委は、県有スポーツ施設3カ所のトレーニングルームなどの利用を3〜15日に休止する。
 対象は県総合運動公園(利府町)、仙南総合プール(柴田町)、長沼ボート場(登米市)のトレーニング室やスタジオなど。期間は今後の状況によっては変更する場合があるとした。

■石巻市
 石巻市の石ノ森萬画館は3〜17日、臨時休館する。18日から通常通り開館する予定だが、状況によって延長する場合がある。

■白石市
 白石市は3〜15日、ホワイトキューブ、中央公民館、情報センター、スポーツセンター、古典芸能伝承の館「碧水園」、こじゅうろうキッズランドを休館する。小、中学校の屋内施設の開放も行わない。図書館は貸し出しと返却のみに対応、スパッシュランドしろいしはトレーニングルームと各種教室を休み、ふれあいプラザは事業と貸し館を中止する。
 同市の公立刈田総合病院は、全病棟の面会を当面の間、特別な事情を除き禁止とした。

■登米市
 登米市は、不特定多数の参加者がある市主催イベントについて原則中止か延期する方針を決めた。期間は概ね3月末まで。
 7、8の両日、登米祝祭劇場で予定していた市民創作劇公演「第21回夢フェスタ水の里」は中止。同市津山町を題材とした「正義受け継ぐ者たちへ 津山イナイリュウの伝言」を上演する予定だったが、実行委が7日、無観客で演劇を行い、映像を収録する。

■栗原市
 栗原市は、くりでんミュージアム、細倉マインパーク、栗駒山麓ジオパークビジターセンターの3施設を31日まで臨時休館すると発表した。

■東松島市 
 東松島市野蒜の防災体験型宿泊施設「キボッチャ」は13日まで休館する。

■大崎市
 大崎市は市内の図書館、体育施設、公民館、文化施設を3〜16日、休館する。
 市図書館では利用者がインターネット上で事前に予約し、指定の日時に受け取る形で本を貸し出す。
 市内の児童館、放課後児童クラブ、学童保育は3〜23日、春休みと同じ態勢で業務を続け、感染予防の観点からできるだけ利用自粛を求める。
 確定申告相談業務は4月16日まで延長する。今月26日まで市役所東庁舎、27日以降は本庁舎税務課で受け付ける。総合支所での受け付けは予定通り16日で終える。

■大衡村
 大衡村は3〜31日、村内の公共施設を利用休止とする。対象は公民館、平林会館、大衡城青少年交流館、ふるさと美術館、村民体育館、多目的運動広場など9施設。

■南三陸町
 南三陸町は3〜31日、町総合体育館、平成の森、町生涯学習センター、戸倉、入谷、歌津の各公民館、歌津コミュニティー図書館の利用を中止する。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月03日火曜日


先頭に戻る