青森のニュース

不明13人の捜索続く 青森・六ヶ所沖 貨物船沈没

貨物船と衝突し、損傷した第8富丸の船首部分を調べる船舶事故調査官

 青森県六ケ所村の泊漁港沖でベリーズ船籍の貨物船「GUO XING 1(グオ・シン・ワン)」(1989トン)が沈没した事故で、第2管区海上保安本部(塩釜市)は2日、巡視艇などで現場海域の捜索を続けた。貨物船には20〜50代の外国籍の14人が乗っていたが、救助されたベトナム人男性を除く行方不明の13人は見つかっていない。
 国土交通省運輸安全委員会は2日、貨物船と衝突した八戸市の沖合底引き網漁船「第8富丸」(138トン)の状況を調べた。
 船舶事故調査官の2人が、八戸市内に係留中の第8富丸に乗り込み、損傷した船首部分などをカメラで撮影。航海記録を取り、船長に当時の様子を聞いた。
 河野守次席船舶事故調査官は「どう衝突したのかはまだ分からない。データを持ち帰り、分析する」と話した。貨物船が引き揚げられなければ、聞き取りや漁船の損傷などから事故の状況を判断するという。


関連ページ: 青森 社会

2020年03月03日火曜日


先頭に戻る