宮城のニュース

図書館や科学館の利用制限相次ぐ 宮城県内

仙台市八木山動物公園

 仙台市は4〜31日、市八木山動物公園(太白区)の屋内施設のうち「ふれあい館」「は虫類館」「サイカバ屋内展示場」の3カ所を一時休館する。
 市立図書館7カ所と分室10カ所は15日まで、新聞や雑誌を含む図書資料の閲覧、視聴覚資料の館内視聴などを休止し、閲覧席の利用を制限する。資料の貸し出しと返却のみ対応。31日までに予定した図書館主催の全イベントは中止する。
 市科学館(青葉区)も当面、全イベントを中止。大倉ふるさとセンター(同)も全イベントを31日まで取りやめる。
 気仙沼市は市総合体育館、本吉総合体育館のトレーニングルームなどの使用時間を1時間以内に制限した。気仙沼市立病院は4日から入院患者への面会を禁止とする。
 大崎市は、集会所の指定管理者に外部団体への貸し出しを禁止するよう要請した。期間は16日まで。
 地区内の役員会などでやむを得ず使用する場合、手指の消毒やマスク着用を要請する。市内では公民館や古川東部コミュニティセンターなどで同様の措置が決まっている。
 大崎市民病院は入院患者の家族を除く面会を制限し、9階ラウンジを閉鎖した。
 市内3カ所の道の駅、温泉施設は感染症対策を徹底し、営業を継続する。
 川崎町は24日まで、B&G海洋センター、総合運動場、小中6校の体育館・グラウンドの使用を原則禁止する。
 亘理町は、図書館や中央公民館、佐藤記念体育館、郷土資料館など公共施設10カ所を31日まで休館とする。
 大勢が参加する町主催イベントや高齢者、妊婦、乳幼児を対象とする行事は中止。町民にも町内会総会などの会合、行事の中止、延期、規模縮小を呼び掛ける。
 松島町は4〜31日、松島文化観光交流館(アトレ・るHall)やスポーツなどの公共施設を休業する。


2020年03月04日水曜日


先頭に戻る