宮城のニュース

東日本大震災追悼式、仙台市も中止 献花のみ

仙台市役所

 仙台市は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東日本大震災追悼式の式典を中止し、会場の宮城野体育館(宮城野区)で、遺族と招待者による献花のみ実施すると発表した。政府主催の追悼式が中止の方針となり、判断した。
 市民の献花場は11日午前8時半〜午後5時、勾当台公園市民広場(青葉区)と宮城野、若林、太白、泉の4区役所に開設するが、せんだい3・11メモリアル交流館(若林区)への設置は中止する。
 郡和子市長は「遺族、市民の気持ちを思うと、追悼式の規模縮小は残念でならないが、被災地に住む私たちにとって、3月11日を迎える特別な思いに変わりはない」との談話を出した。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月04日水曜日


先頭に戻る