青森のニュース

青森県、高校入試の受験機会確保へ 23日追試験実施

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県教育委員会は3日、県立高校入試で感染者や感染が疑われる志願者の受験機会を確保するため、23日に追検査を実施すると発表した。
 学力検査は予定通り10日に実施するが、感染や感染疑いがあれば受験は認めない。志願する学科・コースに再募集があれば19日の学力検査を受け、ない場合は23日に追試験の措置を講じ、5教科をまとめて60分で受けられるようにする。実技検査などはしない。
 10日の試験では、全ての高校で取り入れている面接の実施を見送り、スポーツ科学科などの実技検査は第1志望の受験者のみを対象とし、範囲を縮小する。


関連ページ: 青森 社会 新型肺炎

2020年03月04日水曜日


先頭に戻る