岩手のニュース

「一斉休校の根拠説明を」岩手知事、首相判断に疑念

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてイベント自粛や一斉休校を要請した安倍晋三首相の判断に対し、達増拓也岩手県知事は3日の定例記者会見で「ここ1、2週間が重要だという根拠を説明してほしい」と疑念を呈した。
 知事は「適切な検査、治療をして集団感染が起きないことに集中すればいいのかなという感触はある」としつつ「首都圏がどれほど大変なのか分からないので、どこに力を入れたらいいのかいまひとつ分からない」と首をかしげた。
 イベントの自粛を巡っても「民間人のフォローがあまり出ていない」と指摘。「踏み込んだ対策をしないと収入が絶たれる人が現れる恐れがある」と懸念を示した。


2020年03月04日水曜日


先頭に戻る