岩手のニュース

平昌五輪スノボ4位入賞の岩渕麗楽さん卒業 一関学院高

お祝いに集まった友人たちと記念撮影する岩渕さん(中央)

 2018年の平昌冬季五輪スノーボード女子ビッグエアで4位入賞を果たした一関学院高(一関市)の3年岩渕麗楽(れいら)さん(18)=一関市東山町=が、岩手を巣立つ。卒業証書を授与された5日、「学校のみんなに応援してもらい、うれしかった」と笑顔で3年間の思い出を振り返った。
 高校の卒業式は1日だったが、今季もワールドカップで2勝する活躍の岩渕さんは、競技遠征中で欠席せざるを得なかった。この日は1人だけの式に臨んだ。
 春には法政大に進み、埼玉県内の練習施設を拠点に22年の北京五輪を目指す。「平昌の時は実力不足だった。新たな環境でベストを尽くし、北京で金メダルを手にする」と誓った。
 26日に始まる東京五輪の聖火リレーでは岩手の聖火ランナーとなる。新型コロナウイルスの感染拡大で五輪開催が不安視される中「一大イベントの五輪がしっかり開催されるようランナーとして頑張る」と意気込んだ。


関連ページ: 岩手 社会

2020年03月05日木曜日


先頭に戻る