宮城のニュース

仙台市、濃厚接触1人を追加 感染者の子は陰性 市が行動把握

 仙台市は6日、東北で初めて新型コロナウイルス感染が確認された市在住の70代男性の積極的疫学調査の結果を公表し、新たに家族1人の濃厚接触が判明したと明らかにした。既に判明した家族1人は男性の妻で、濃厚接触者は2人となった。男性と妻はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客。市は下船後の男性の行動歴を把握したとし「これ以上の濃厚接触者はいない」と説明した。
 市によると、新たな濃厚接触者は男性の子で、男性が発症した2月26日以降、長時間の接触などの行為があった。性別や年齢、同居の有無はプライバシー保護を理由に非公表とした。
 妻と子の2人は男性と最後に接触した日の翌29日以降、市が健康観察を続けており、体調に変化はない。妻は男性と同時に検査して陰性と分かり、子も3月6日に陰性と確認された。
 男性の行動歴も詳細が判明した。経過は表の通り。2月20日に下船し、在来線と東北新幹線で仙台駅到着後、市地下鉄で最寄り駅まで行き、徒歩で帰宅した。移動中は常にマスクを着け、2メートル以内の距離で会話したのは妻だけだった。
 23日までは食料品の買い物、新型肺炎と関係ない医療機関受診のため、自家用車と徒歩で計3回外出したが、人との接触は極力避けてマスクも着用した。24日以降は外出しなかった。
 男性は26日に鼻水や鼻詰まりの症状があった。28日に微熱や喉の痛みを訴えて入院し、29日に陽性と判明。現在も入院中だが、症状は快方に向かっている。
 市健康安全課の松田敏明課長は「濃厚接触者の定義は、発症日以降に所定の接触があった人。26日から外出しておらず、家族2人しか該当しない」と話した。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月07日土曜日


先頭に戻る