宮城のニュース

「ダイヤモンド・プリンセス」乗船者7人の陰性を確認 宮城県

 宮城県は6日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた県内在住の9人のうち、7人に実施したPCR検査で全員の陰性が確認されたと発表した。
 2月29日に感染が確認された仙台市在住の70代男性の妻は、濃厚接触者のため健康観察中。県は同市で感染者が確認されたのを受け、乗船者全員を再検査する方針を示していた。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月07日土曜日


先頭に戻る