福島のニュース

浪江に世界最大級の水素製造拠点が開所 貯蔵や利用実証へ

開所式後、公開された水素製造拠点。後方は貯蔵・供給設備

 福島県浪江町に整備された世界最大級の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」で7日、開所式があった。太陽光発電などで水を電気分解し、水素に変換。貯蔵、輸送、利用の技術実証を進める。水素は東京五輪で使用する。
 管理棟前で安倍晋三首相らがテープカットした。吉田数博町長は「(東京電力福島第1原発事故に伴う)避難指示が一部で3年前に解除され、復旧復興へさまざまな種をまいてきた。その一つが大輪の花を咲かせた」とあいさつした。
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主体となり、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、岩谷産業が整備。総事業費は約200億円。
 敷地は約18万平方メートル。6万8000枚の太陽光パネルで発電した20メガワットの電力を用い、研究開発・製造プラントの最大10メガワットの装置で水を電気分解し、水素を製造する。トレーラーなどに圧縮貯蔵し、輸送する。
 1日で約150世帯1カ月分の電力供給や、燃料電池車(FCV)約560台分の充填(じゅうてん)が可能な水素製造能力という。実証では出力変動の大きい太陽光発電とともに系統電力の需給バランスを調整し、蓄電池を用いない低コストの水素エネルギー運用システムの確立が課題となる。


2020年03月08日日曜日


先頭に戻る