宮城のニュース

再建の徳泉寺 11日から公開 宮城・山元

現地再建を進めてきた徳泉寺で上棟式=2019年5月、宮城県山元町

 宮城県山元町の徳本寺の末寺として建立され、東日本大震災の津波で流された同町笠野地区の徳泉寺が現地再建され、11〜15日の5日間、一般公開される。落慶法要のほか、復興を願う催しが新本堂で開かれる。
 法要は11日、本堂に掲げられる山号額「笠野山」を揮毫(きごう)した奥州市の正法寺の盛田正孝老師が執り行う。
 公開は午前10時〜午後4時。催しは入場無料で、「歌う尼さん」として知られるシンガー・ソングライターやなせななさん(11日)、沖縄民謡歌手古謝美佐子さん(12日)らが出演。写経会(12日)やテレホン法話ライブ(15日)もある。
 早坂文明住職は「地域のために寺という空間をどう活用できるか、催しを通して模索したい」と語る。


2020年03月10日火曜日


先頭に戻る