福島のニュース

処理水処分で意見割れる エネ庁が福島・広野町議会に説明

処理水の処分に関して政府の担当者に意見を述べる広野町議ら

 東京電力福島第1原発でたまり続ける処理水の問題で、資源エネルギー庁の担当者らが10日、福島県広野町議会(定数10)に検討状況を説明した。処理水を巡っては政府の小委員会が海や大気に放出するのが現実的とする報告書をまとめているが、議員の賛否は割れた。

 町議会全員協議会で、同庁の木野正登参事官が説明した。木野氏は処理水に含まれる放射性物質トリチウムに関し「外部被ばくは無視できるレベルで、体内での濃縮も認められない」と強調した。
 質疑応答では「トリチウムを放出すれば、われわれはさらに被ばくする。あり得ない」と反対する声がある一方で「事故前も海に流していた。正しく流すのであれば抵抗はない」との意見も出た。
 全協に同席した遠藤智町長は「国は地域住民への理解を大事にし、責任を持って判断してほしい」と注文を付けた。
 政府は今後、沿岸部の他市町村議会などでも同様の説明を行う。農林水産業者らからも意見聴取した上で処分方法を決める。


2020年03月11日水曜日


先頭に戻る