宮城のニュース

日弁連会長に仙台の荒氏「オール日弁連、団結し力発揮」

記者会見で抱負を述べる荒氏

 日弁連の会長選で次期会長に選ばれた仙台弁護士会の荒中氏が11日、東京都内で記者会見し「会長として実行力を大切にし、日弁連として言うべきことを言っていきたい」と意気込みを語った。
 34年ぶりとなる東京、大阪以外の弁護士会からの選出に、「地方、中央に関係なく日弁連が団結力を持って力を発揮する必要がある。選挙戦を通じてオール日弁連の礎が築けた」と強調した。
 東日本大震災や全国で相次ぐ災害の被災者の救済について「一人一人の課題に応じた支援が重要」と述べた。選挙戦での若手弁護士らの支援に触れると笑みを浮かべ「苦境にいる人を救う仕事の魅力を伝えていく」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2020年03月12日木曜日


先頭に戻る