宮城のニュース

仙台の百貨店、時短営業を延長 新型コロナ感染予防のため

 新型コロナウイルス感染症予防のため、仙台市内の大型商業施設は営業時間の短縮期間を延長した。多くの施設は当初、15日までの実施を予定していた。
 藤崎は青葉区の本館などの閉店時間を午後6時半とする措置を31日まで延ばした。仙台三越(青葉区)は平日に限る時短営業を19日までに変更した。
 両社は4月に予定する京都や北海道の物産展を中止の方向で検討しており、売り上げに大きく影響しそうだ。16日からの高校制服予約会は、混雑を避けるため付き添いを1人に限るよう呼び掛けている。
 JR仙台駅のエスパル仙台は31日まで、泉区の仙台泉プレミアム・アウトレットは27日まで時短期間を延長。同区のセルバとセルバテラス、青葉区のパルコ本館とパルコ2は期間を「当面の間」としている。

◆主な商業施設の営業時間=13日午後2時現在=

【通常営業】
○仙台フォーラス

【19日まで】
○仙台三越
午前10時30分〜午後7時(平日のみ)

【27日まで】
○仙台泉プレミアム・アウトレット
午前10時〜午後7時
○三井アウトレットパーク仙台港
午前11時〜午後7時
○ララガーデン長町
午前11時〜午後8時

【31日まで】
○エスパル仙台
午前10時〜午後8時(飲食店は午前11時〜午後9時)
○藤崎
午前10時〜午後6時30分
○仙台ロフト
午前10時〜午後8時


【当面の間】
○セルバ、セルバテラス
午前11時〜午後7時(レストランは午前11時〜午後9時)
○仙台パルコ、パルコ2
午前10時〜午後8時(一部店舗は営業時間が異なる)


関連ページ: 宮城 経済 新型肺炎

2020年03月13日金曜日


先頭に戻る