宮城のニュース

元警察官採用で新枠 宮城県警が20年度から 即戦力の人材確保図る

 宮城県警は2020年度の警察官採用試験で、元警察官を対象とする枠を新たに設ける。同試験の受験者が近年、減っていることを踏まえた対応で、即戦力となる人材の確保を図る。
 県警によると、元警察官の採用枠は1人程度。59歳以下で、在職時の階級が警部補以下、4年以上の勤務経験などを応募資格とする。他の都道府県警での勤務経験者も対象となる。
 従来、元警察官が同試験を受ける場合は年齢の上限が33歳で、採用後は警察学校に入校する必要があった。今回の措置で、受験資格年齢が大幅に上がり、一部の試験は免除。採用後は警察学校を経ずに、本部か警察署に配属される。
 県警では近年、年に数十人が定年前に退職している。出産や介護などを理由にやむなく辞めるケースも多いという。県警警務課の担当者は「受験者の減少に対応するとともに、現場執行力を向上させるため、元警察官の経験を即戦力として生かしたい」と話す。
 元警察官を対象とする試験は7月22日〜8月21日に申し込みを受け付ける。1次考査を9月20日、2次考査を10月中旬にそれぞれ実施する予定。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年03月14日土曜日


先頭に戻る