宮城のニュース

国民守る仕事の魅力配信 宮城県警や自衛隊など4機関 動画で説明会

タブレット端末の前に立ち、仕事の内容や魅力を説明する自衛隊宮城地方協力本部の担当者

 県警、仙台市消防局、第2管区海上保安本部、自衛隊宮城地方協力本部が合同で14日、採用志願者向けに業務内容を紹介する動画配信を行った。合同説明会を開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、動画配信に切り替えた。
 仙台市宮城野区の仙台第3合同庁舎に4機関の人事・採用担当者が集まり、タブレット端末のカメラに向かって仕事のやりがいや採用日程を説明した。
 自衛隊宮城地方協力本部の公式ツイッターを通じて動画を生配信した。約1週間保存され閲覧が可能。
 同本部募集課の薮井大平募集班長は「4機関は国民を守るという共通の使命に取り組んでいる。会員制交流サイト(SNS)の拡散力に期待し、同じ志を持つ人に仲間になってほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年03月15日日曜日


先頭に戻る