秋田のニュース

「ししゃもねこ」脱力系の癒やし提供 横手で原画展

とぼけた画風が味わい深い「ししゃもねこ展」

 顔がネコ、体がシシャモのキャラクター「ししゃもねこ」の30枚のイラスト原画を紹介する展示が、横手市の増田まんが美術館ミニギャラリーコーナーで開かれている。29日まで。
 ししゃもねこは徳島県在住のデザイナー川久保貴美子さんが描いた「脱力系癒やし」を提供するキャラクター。会場に並ぶ原画はかまくらの中でこたつに入ったり、クマにくわえられたりといった絵柄。ほのぼのとした味わいを醸し出す。
 館内の売店では横手やきそばやいぶりがっこと、ししゃもねこが合体したオリジナルグッズを販売する。同館職員の佐々木悠花さんは「クスッと笑えるのでぜひ見に来てほしい」と話す。
 開館は午前10時〜午後6時。17日休館。入館無料。連絡先は増田まんが美術館0182(45)5569。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2020年03月15日日曜日


先頭に戻る