秋田のニュース

職員の無車検運転警部ら隠蔽 秋田県警、4容疑者書類送検

 車検が切れた自家用車を運転した秋田県警本部に勤務する40代男性職員の違反を隠蔽(いんぺい)したとして、県警は16日、上司ら警察官3人と職員1人の計4人を犯人隠避の疑いで書類送検した。
 送検されたのは直属の上司の50代男性警部、警部の上司の60代男性警視と部下の50代男性職員、県央部の警察署勤務の30代男性巡査部長。
 県警によると、40代職員は2019年11月11日、秋田市内で運転中に車検切れに気付いたものの運転を続けた。同日、報告を受けた警部は、無車検に気付いた後は運転していないことにするよう部下の職員と運転した職員らに指示。警視も了承し、巡査部長は偽りの供述調書を作成した。巡査部長の上司が不自然に感じ隠蔽が発覚した。
 県警は16日、警部を停職3カ月、警視と巡査部長を本部長訓戒、50代職員を所属長訓戒の懲戒処分にした。久田誠本部長は県議会教育公安委員会で「信頼を失墜させる事案が起き遺憾」と謝罪した。
 運転した職員は所属長注意となり、道路運送車両法違反の疑いで書類送検された。


関連ページ: 秋田 社会

2020年03月17日火曜日


先頭に戻る