宮城のニュース

宮城・涌谷きょう授業再開 小中4校 臨時休校後、東北初

 宮城県涌谷町教委は17日、新型コロナウイルスの感染予防策として臨時休校している町内3小学校と1中学校の授業を、18〜24日に実施すると発表した。各県教委によると、安倍晋三首相の要請を受けて休校となった学校が再開するのは東北で初めて。
 県内の感染者が退院している現状や、長期の休校による子どもたちの心理的な影響を考慮した。当初は24日まで休校とし、修了式がないまま25日から春休みになる予定だった。
 対象となるのは4小中学校の小学1年から中学2年までの約920人。授業は午前中のみとし、給食は提供しない。手洗いやうがい、教室内の換気を徹底する。保護者の判断で登校させない場合は欠席扱いにならない。
 同町では19日に3小学校の卒業式がある。町教委教育総務課の熱海潤課長は「1日だけでも卒業生は式の練習ができる。子どもたちのストレスは限界で、各学校長と相談しながら再開時期を探っていた」と説明した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年03月18日水曜日


先頭に戻る