宮城のニュース

教室開放の利用 全小中学生に拡大 宮城・東松島市教委

 宮城県東松島市教委は、新型コロナウイルスの影響で臨時休校中の小中学校で実施する教室開放の利用対象者を市内の全小中学生に拡大し、31日まで延長する。
 保護者が自宅にいる児童生徒の活用も可能にする。教員を配置し、学習ドリルなどを持ち込んで自習したり、校庭で軽い運動をしたりできる。
 これまで開放期間は23日までとし、対象は小学1〜3年と特別支援学校に通う小中学生だった。


2020年03月19日木曜日


先頭に戻る