宮城のニュース

仙台市総務局長に吉野氏 特別職・ポスト局長の異動は23人

 仙台市は19日、4月1日発令の定期人事異動を発表した。特別職とポスト局長の異動は再任を含め23人に上り、市幹部の顔触れが大きく変わる。総務局長には吉野博明水道局理事兼次長(58)を起用し、まちづくり政策局長には梅内淳同局次長(54)を昇格させる。
 特別職は、芳賀洋一総務局長(56)が水道事業管理者に就任する。氏家道也ガス事業管理者(61)を再任し、ガス局に新たに民営化担当局長を設け、中鉢健嗣同局理事兼次長(59)を充てる。亀山元信病院事業管理者(68)も再任する。
 局長級は危機管理監に木村洋二議会事務局長(56)、財政局長に福田洋之まちづくり政策局長(58)がそれぞれ回る。市民局長は佐藤伸治太白区長(56)を起用。子供未来局長は小林弘美太白区副区長(54)を抜てきする。
 環境局長は佐藤和美同局次長(58)が昇格。文化観光局長は総務省から出向する高野一樹理事官(40)を起用する。都市整備局長は八木裕一同局次長(57)、建設局長は千葉幸喜同局次長(57)が昇格する。
 本庁と区役所の連携強化で、太白区長に天野元・文化観光局長(55)、若林区長に佐々木淳一危機管理監(55)、宮城野区長に吉田広志財政局次長(55)を充てる。青葉区理事兼宮城総合支所長は立野昭宏交通局次長(56)が就く。
 会計管理者には石川浩史人事委員会事務局長(58)が回り、人事委員会事務局長に岡崎宇紹子供未来局長(57)、監査事務局長に佐藤忠之総務局次長(55)、議会事務局長に佐野直樹建設局次長(55)を充てる。
 下川寛子健康福祉局次長兼保健所長(63)は同局理事に昇格し、引き続き保健所長を兼務する。本郷敏章市民局次長(59)は文化観光局理事に昇格し、仙台国際観光協会派遣となる。

 ◇仙台市人事(4月1日)
 【特別職】
 水道事業管理者(総務局長)芳賀洋一▽ガス事業管理者(再任)氏家道也▽病院事業管理者(再任)亀山元信▽人事委員会委員(会計管理者)中塚正志▽監査委員(宮城野区長)小林仁
 【局長級】
 危機管理監(議会事務局長)木村洋二▽総務局長(水道局理事兼次長)吉野博明▽まちづくり政策局長(まちづくり政策局次長)梅内淳▽財政局長(同局長)福田洋之▽市民局長(太白区長)佐藤伸治▽健康福祉局理事兼保健所長(健康福祉局次長兼保健所長)下川寛子▽子供未来局長(太白区副区長)小林弘美▽環境局長(環境局次長)佐藤和美▽文化観光局長(総務省から)高野一樹▽同理事・仙台観光国際協会派遣(市民局次長)本郷敏章▽都市整備局長(都市整備局次長)八木裕一▽建設局長(建設局次長兼道路部長)千葉幸喜▽青葉区理事兼宮城総合支所長(交通局次長)立野昭宏▽宮城野区長(財政局次長兼財政部長)吉田広志▽若林区長(危機管理監)佐々木淳一▽太白区長(文化観光局長)天野元▽会計管理者(人事委員会事務局長)石川浩史▽人事委員会事務局長(子供未来局長)岡崎宇紹▽監査事務局長(総務局次長)佐藤忠之▽議会事務局長(建設局次長)佐野直樹▽ガス局民営化担当局長(ガス局理事兼次長)中鉢健嗣

 退職(31日)
 【特別職】
 水道事業管理者 板橋秀樹▽人事委員会委員長 小野真一▽代表監査委員 寺田清伸
 【局長級】
 総務局理事・選挙管理委員会事務局長併任 工藤雅義▽財政局長 館圭輔=総務省へ復帰▽市民局長 斎藤恵子▽環境局長 遠藤守也▽都市整備局長 小野浩一▽建設局長 小高睦▽青葉区理事兼宮城総合支所長 川嶋章司▽若林区長 白川由利枝▽監査事務局長 堀田剛司


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年03月19日木曜日


先頭に戻る