岩手のニュース

三陸鉄道が全線再開 陸中山田駅で記念列車の出発式

出発式で全線運行再開を祝う関係者=20日午後0時30分ごろ、岩手県山田町の陸中山田駅

 岩手県沿岸を縦断する第三セクター三陸鉄道(宮古市)のリアス線が20日、全線で運行を再開した。昨年3月に開業したものの、10月の台風19号で被災。最後まで不通となっていた釜石−陸中山田(山田町)間の28.9キロが復旧し、約5カ月ぶりに盛(大船渡市)−久慈間163キロが結ばれた。
 陸中山田駅で記念列車の出発式があり、達増拓也知事ら40人が出席。三鉄の中村一郎社長は「一日も早い復旧を願う全国からの声が大きな力になった。今後も人と人、地域と地域をつなげていきたい」と述べた。
 強風のため、釜石駅に向かう予定だった記念列車は途中までの運行となった。各駅には多くの沿線住民が駆け付けて完全復旧を祝福した。


関連ページ: 岩手 経済

2020年03月21日土曜日


先頭に戻る