福島のニュース

南相馬・伐採された「かしまの一本松」 守る会が後継木を植樹

一本松の「二世木」を植樹する五賀さん(左)と荒さん

 東日本大震災の津波に耐えながらも伐採された福島県南相馬市の「かしまの一本松」の後継木植樹祭が22日、同市鹿島区南右田の跡地であった。採取した松ぼっくりの種子から奇跡的に育った苗木6本を中心に、かつての地区住民らが「二世木」の健やかな成長を願った。
 かしまの一本松を守る会が主催。南右田の海岸防災林整備地に市民ら150人余が集まった。会長の五賀和雄さん(79)が「震災の教訓とともに復興の証しを語り合う場所として、将来に向けて見守りたい」とあいさつ。苗木を育てたメンバーの農業荒新一郎さん(74)らと手植えした。
 現地には森林総合研究所林木育種センター(茨城県日立市)が接ぎ木で育てた後継木の苗木3本のほか、一般のクロマツ約600本の苗木も植樹された。
 南右田では津波で54人が犠牲になった。数万本あった松林は高さ約25メートル、樹齢約100年の1本だけ残った。「復興のシンボル」として守る会が樹勢の回復に努めたが枯死を免れないと判断され、2017年12月に住民に惜しまれつつ伐採された。
 伐採木で表札を作って配った五賀さんは「津波に立ちはだかった一本松には強い希望と勇気をもらった。二世でも残したいとの願いがかない、満足。犠牲者のみ霊を慰める鎮魂の松林にしたい」と語った。
 100以上まいた種子から苦労して6本を40センチまで育てた荒さんは「一安心したが、きょうは一つの区切り。これからみんなで手入れをし、100年先につなげてほしい」と話した。


2020年03月23日月曜日


先頭に戻る