宮城のニュース

宮城で新型コロナ感染2例目 40代女性、東京の患者と濃厚接触か

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 宮城県は26日、同県七ケ浜町に住む会社員の40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染者確認は2例目。女性は同日、県内の感染症指定医療機関に入院した。
 県によると、25日に都内で感染が確認された知人が2月下旬から今月13日までの間、女性の自宅を複数回訪れていた。現段階で女性、知人には他に濃厚接触者は確認されていない。
 女性は21日に37.9度の発熱やせき、倦怠(けんたい)感などの症状が出た。25日に知人が感染したとの連絡が女性にあり、帰国者・接触者外来を受診。県保健環境センターでのPCR検査の結果、26日に陽性と判明した。重症化はしていない。
 女性は1人暮らし。症状が出た後の22、24の両日、自分の車で町内の店舗で買い物するため外出した。いずれもマスクを着用していた。発症前2週間の海外渡航歴はない。
 知人は女性宅を訪れる際、都内から東北新幹線を利用していた。JR仙台駅から女性宅までの経路は不明。県は経路が分かり次第、公表する方針を示した。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月26日木曜日


先頭に戻る