宮城のニュース

桜最速 仙台で開花 平年より14日早く

広瀬川沿いで桜が咲き始め、遊歩道を歩く人たちの目を楽しませていた=28日午前10時50分ごろ、仙台市若林区河原町

 仙台管区気象台は28日、仙台で桜の開花を観測したと発表した。平年より14日早く、1953年に観測を始めて以来最も早い開花となった。4月3日ごろ満開となる見通し。
 仙台市宮城野区五輪1丁目の気象台で28日午前11時、職員がソメイヨシノの標本木を観察。判断の目安となる「5、6輪以上の開花」を確認した。担当者は「1、2月の平均気温が平年と比べかなり高かったことが一因だ」と説明する。
 東北の県庁所在地では、福島でも28日に開花が確認された。日本気象協会によると、山形は4月2日、盛岡は5日、秋田は6日、青森は11日の開花を見込む。


関連ページ: 宮城 社会

2020年03月28日土曜日


先頭に戻る