宮城のニュース

仙台で新たに1人の感染確認 29日判明の2人と同じパブ来店、クラスター発生か

 仙台市は30日、市内で新たに30代日本人女性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。29日に感染が判明した市在住の30代男女2人が20日に飲食した青葉区の英国風パブ「HUB仙台一番町四丁目店」の来店客という。
 関係者によると、新たな感染者も20日に30代男女とは別に同店を訪れた。27日に秋田県で感染が確認された由利本荘市の外国語指導助手(ALT)2人を含む8人グループと接触があったとみられる。
 30代男女はALTら8人のグループと20日に5分程度、店内で立ち話をした。このうち宮城県内の私立学校に勤務する外国籍の女性教諭は、21日もALTらと同店で飲食を共にした。
 同店でクラスター(感染者の集団)が発生した可能性があり、市は記者会見して概要を説明する。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年03月30日月曜日


先頭に戻る