山形のニュース

とうほくドローンeye/おくのほそ道編(19)山形・戸沢/水みなぎつて

最上川沿いにたたずむ仙人堂。芭蕉も船から眺めている

 山寺への寄り道を堪能した芭蕉は、最上川を船で下ろうと大石田を目指す。山形を南北に貫く大河は、この辺りから激しく蛇行を繰り返す。
 険しい断崖に遮られ、ほぼ直角に西へ向きを変える辺りに船着き場があった。<左右山覆い、茂みの中に船を下す>と芭蕉は記す。
 季節は7月の上旬。峡谷を縫うように流れる最上川の水かさはすこぶる多い。大石田での歌仙で詠んだ発句<五月雨を集(あつめ)て涼し最上川>を手直しした。
 <五月雨をあつめて早し最上川>。船で下って初めて、身の危険を感じるほどの激流だと分かったのだろうか。川風の涼しさを楽しむどころでなかった。
 そのまま船旅を続ければやがて酒田に着く。「最上川は人々の生活を潤し、文化を育んできた。山形の母なる川に芭蕉も魅了されたことでしょう」と米沢女子短大非常勤講師の梅津保一さん(78)は話す。
(写真部・庄子徳通、小林一成)=次回は4月上旬の予定

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 山形 社会

2020年03月30日月曜日


先頭に戻る