宮城のニュース

宮城県内官公庁で辞令交付 対コロナ全力

辞令を受け取る仙台市青葉区配属の新規採用職員。感染を防ぐため、辞令交付式は配属先ごとに行われた
庁内放送や動画配信で市長の訓示を聞く市職員。感染防止のため、一堂に会した訓示式は取りやめた=1日午前9時40分ごろ、仙台市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、2020年度が1日始まった。仙台市役所や宮城県庁では感染防止のため、トップの訓示を取りやめたり、庁内放送に切り替えたりしたほか、新規採用職員の辞令交付式も職場ごとに行い、異例ずくめの初日となった。
 市役所では午前9時半、事前収録した郡和子市長の訓示が、庁内放送と動画配信で流され、市職員は自席でメモを取りながら耳を傾けた。郡市長は感染の広がりに触れ「東日本大震災の教訓を生かし、職員一丸となって難局を乗り越えよう」と呼び掛けた。
 新規採用職員の辞令交付は、本庁舎8階ホールに一堂に会す例年のスタイルを取りやめ、各局区、公営企業ごと21カ所に分かれて行われた。20年度は市長部局に213人が配属され、青葉区役所では午前10時半、加藤邦治区長が区配属の27人に辞令を手渡した。
 服務宣誓した同区保護1課の佐々木美空(みく)さん(23)は「市職員は住民を最も近くで支えられる。一刻も早く頼られる存在になれるよう頑張りたい」と語った。
 宮城県庁も例年は講堂で開く辞令交付式を大幅に縮小。村井嘉浩知事の講話を取りやめ、配属先の会議室で各部長が辞令を渡した。
 総務部の交付式にはマスク姿の15人が出席した。仙台北県税事務所に配属された奥崎彩友美(あゆみ)さん(20)は「感染症で経済にも大きな影響が及んでいる。県民の不安を少しでも取り除けるよう、職務にまい進したい」と抱負を述べた。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年04月01日水曜日


先頭に戻る