山形のニュース

米沢の免許合宿で感染者 山形県初、神奈川の20代女性

山形県庁

 山形県は31日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。米沢市の自動車教習所「米沢ドライビングスクール」に運転免許合宿で訪れていた神奈川県の20代の大学生女性。濃厚接触者は現時点で教習生や職員の計7人で、同スクールは当面休業する。
 県によると、女性は3月24日にJR東京駅から山形新幹線に乗り、米沢駅で下車。25〜28日にスクールで座学などを受けた。市内の宿舎では29日朝まで教習生の友人女性2人と同室だった。
 感染した女性は27日の受講後に38度台の発熱や倦怠(けんたい)感などがあったが、熱が下がったため28日も受講。29日に再び発熱し、置賜保健所に相談した。30日に県内の医療機関で検査を受けて31日に陽性と判明し、県内の医療機関に入院した。
 県は感染経路を「潜伏期間が平均5日以上の場合が多いので来県前」と推定し、行動歴を調べる。濃厚接触者7人は、同室だった友人2人と送迎や授業を担当した教官ら男性5人。
 吉村美栄子知事は県庁で記者会見し「県外からの往来を法的に止めることはなかなか難しいが、都道府県が連携して取り組むことが必要だ」と強調し、「これからの1週間程度、推移を見極めたい」と述べた。


関連ページ: 山形 社会 新型肺炎

2020年04月01日水曜日


先頭に戻る