宮城のニュース

河北美術展の開催中止 搬入や審査に感染リスク

 河北新報社は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、23日〜5月5日開催予定だった「第83回河北美術展」(河北新報社、河北文化事業団主催、特別協賛日本航空)の中止を決めた。中止は東日本大震災が発生した2011年以来。
 東京都や愛知県などから来仙する審査員に感染リスクがある上、搬入作業や審査の際に集団感染を招きやすい密閉、密集、密接の三つの「密」を回避するのは難しいと判断した。開催を前提に作品搬入(7、8日)、審査(9、10日)を行う予定だった。
 河北新報社事業局の山田淳局次長は「開催を見送らざるを得ないのは苦渋の決断。チャレンジしようとした作家には申し訳ない。来年に再挑戦してほしい」と話した。
 美術展は東北最大規模の公募展。日本画、洋画、彫刻の3部門で、毎年計約800点の応募がある。


2020年04月02日木曜日


先頭に戻る