青森のニュース

弘前公園10日から閉鎖 桜の名所、密集を回避

 青森県弘前市は1日、全国有数の桜の名所である弘前公園を10日から5月6日まで閉鎖すると決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「弘前さくらまつり」の中止を決めていたが、開花時期に大勢の来園者が予想されることから、立ち入りも一切禁止する方針に転換した。
 公園の入り口8カ所にバリケードを設け、3カ所ある弘前城の城門も閉める。警備員を配置し、夜間は巡回も行う。侵入者がいた場合は退去を促す。通勤や通学のための立ち入りも認めない。
 予定していたライトアップも実施しない。花見客が訪れないよう、市ホームページなどでの開花状況の発信も取りやめる。
 記者会見した桜田宏市長は「桜が咲けば人の密集は避けられない。市民の命と健康を守るための判断だ」と語った。


関連ページ: 青森 社会 新型肺炎

2020年04月02日木曜日


先頭に戻る